FC2ブログ

「ブルーベルれっしゃ」七不思議

研究・考察
08 /30 2012
ブルーベルがやって来~る♪
ブルーベルがやって来~る♪

前回の「エドワードは何故新人に冷たいか?」以来、久々の研究・考察です。
今回考察するのは第4期の「ブルーベルれっしゃ」。前回検証した「エドワードのしっぱい」と並び、理解に苦しむトーマスエピソードの双璧を築いている話ですね。…え?違う?

この話が含まれる第4期は、技術の発展によってこうざん鉄道等のエピソードを映像化出来る様になったこともあり、TVオリジナルエピソードがほとんどありませんでした。そんな中でこの「ブルーベルれっしゃ」は唯一のオリジナルエピソード。原作18巻第1話「ブルーベル鉄道のステップニー」の前半を参考にしているとは言え大幅に脚本が変更されており、ほぼ違う話になっています。原作とTVの共通点と言えば、「ブルーベル鉄道にステップニーが救われた」という事実と「パーシーとダグラスが登場する」ことぐらいです。元々原作がある話を中途半端に脚色したのも災いしたのか、この話はかなり非難を浴び、現在でも「初期の話の中でこのエピだけは許せない!」と言う人も少なくない様です。まさに「ブルーベル劣者」。
そんなこの話の面白味を少しでも引き出すべく、「ブルーベルれっしゃ」の中でも特筆すべき疑問7つ(正確には8つ)を、私こんこんがぶった斬ります。
相当長いので、時間を見つけて読むなり何回かに分けて細切れで読むなり速読するなり読まないなり好きにして下さい。間違っても、試験前日に徹夜して読む様なことの無い様に。

続きを読む

スポンサーサイト



Konkon

どうも管理人です。
きかんしゃトーマスが好きなだけの一般人。よろしくお願いします。