FC2ブログ

今後の方針とお知らせ・お願い

その他
07 /05 2016
 こんばんは。
 アメリカ独立宣言採択から240年が経ちましたね。だからどうということもないのですが。

 さて突然ですが、当ブログのポリシーの一つとして「個人的・私的なことを極力書かない」ということがあります。要は、このブログの趣旨は『汽車のえほん』及び『きかんしゃトーマス』に関する研究・考察を皆様と共有することであるから、それらとは無関係な、管理人である私個人の生活や人間関係について書くことはなるべく避けよう、ということが私の中の方針としてあるわけです。しかしながらここ最近、特にTwitter上において私の動向を不可解に感じている方が多いらしいことが察せられます。そのため誠に勝手ながら、今回はこの場を借りて当ブログをお読みの皆様にこれまで及び今後のネット上における私の活動に関して詳細な説明を加え、更に僭越ながら、皆様に少しばかりお願いをしたいと思いこの記事を掲載することにしました。

○はじめに
 簡単ながら近況報告をさせていただきます。
 私は今年から大学に進学しました。以前に比べ自分の自由になる時間は増えたものの、学業上の課題や家事、サークル活動、バイトなどネット上の活動以上に優先させるべき事柄が増えて案外に多忙なのもまた事実です。あくまで私も皆様と同じ一人の人間であり、限られた時間の中で自分の生活を持っています。時間に追われ当ブログを閲覧している皆様のご期待に沿った記事を執筆することもままならない、ということもあれば、余裕はあれど精神的に乗り気がしない、ということも当然あります。このようなことについて弁解する意も込め、現在そして今後における私のネット活動の方針を示します。皆様のご理解を頂ければと思います。

○Twitterについて
 私のTwitterアカウントについてですが、2015年を最後に通常のツイートからは手を引かせていただきました。以前「新連絡」でお知らせしました通り、現在は質問・意見専用アカウントとしてのみ活用いただいております。
 私がツイートをやめた理由に関しては、以前からのフォロワーの方は既にご存知かと思いますが、他のトーマスファンとの間に個人的な関係を築くことを避けたいと考えたためです。改めて説明させていただきますと、2014年から15年にかけ、私がTwitter上で知己だったある方の非常識な行動に対しリプライで攻撃し、最終的にその方を活動停止へと追い込んだことがありました。今でも私はこの行為が間違っていたとは思っていませんが、私のこの私的な行動が不特定多数の方々に何ら生産性のない不快感を与えたことは事実です。この経験から、他のトーマスファンの方々と極度に親密ないし険悪な関係となることは作品を研究する上で害であることを痛感し、昨年2月26日以降、Twitterで以前のようにツイートすることを控えさせていただくこととなりました。
 しかしながら前述の通り、アカウント自体は現在も機能しております。『汽車のえほん』『きかんしゃトーマス』について質問や意見をいただければ可能な範囲でお答えするつもりです。ちなみに、それ以外の無関係な質問・意見につきましては内容を確認した上で返信するか否か独断で決めさせていただきます。また、質問・意見の際には私のアカウントに向け直接リプライをしてくださいますようお願いします。いわゆる空中リプライも含め、それ以外のツイートによる応答要請には応じません。真剣に回答を求めているわけではない「ネタツイ」の可能性もありますので、直接的なリプライ以外はTwitterの本来の意義に則り「単なる独り言」と見なします。ご了承ください。
 また、既にお気付きの方もいるでしょうが、私のアカウントはリプライへの応答だけでなく「いいね」登録も定期的に行っております。対象は私がフォローしているユーザーによって2015年2月26日から現在までの間にされたツイートです。ですのでTwitterユーザー各位には、何ヶ月間もまともにツイートをしていないアカウントから唐突に「いいね」をされてもどうか驚かないでいただきたいと思います。これら「いいね」の目的については、私がネット上での活動を休止していた期間の情報の確認、作品に関連する新情報の検索、日本のトーマスファンの作品その他に対する評価や志向の把握などが挙げられます。なお目当てのツイートの検索方法については、何人かは既にお気付きかと思いますが、単にタイムラインを片っ端から遡っているわけではなく、適当な検索ワードを用いてのTwitter内検索や特定のユーザーのツイート一覧から興味を惹かれるツイートを見つけることによって「いいね」登録をしております。したがって「いいね」の基準は私がそのツイートに興味を持ったか、気に入ったかであり、見たツイート全てに既読の意味で「いいね」を付けているわけではありません。個人的に面白いと思えなかったり関心を抱けなかったり不快感を覚えたりしたツイートを「いいね」登録することはありませんので、露骨な言い方をしますと私によって「いいね」登録をされるツイートの多いユーザーと少ないユーザーの間に偏りが出てきます。だからもっと面白いツイートをしろ、などと烏滸がましいことを言うつもりは毛頭ありませんが、タイムラインを拝見しておりますと、「こんこんからいいねされた」と逐一報告するツイートや、特定のツイートについて私が「いいね」登録することを期待するかのようなツイートがしばしば目に付きますので、そうした方々にはどうか上記のような事情をご理解いただければと思います。

○Yahoo!知恵袋について
 こちらも「新連絡」で既にお知らせしましたが、私のYahoo!知恵袋アカウントでも質問を受け付けております。知恵袋には回答リクエスト機能がありますので、ご希望があれば私個人に向けて質問への回答を要請することが可能です。現段階でも既に私に回答リクエストを送ってくださっている方がいらっしゃいます。なお、ここで一つ強調しておきたいのですが、私に対し同時期に複数のツールで質問・意見が寄せられた場合、その日時にかかわらず、知恵袋での回答リクエストはTwitterでのリプライや当ブログでのコメントよりも回答の優先順位を上とします。何故かと言えば、知恵袋には回答受け付け期間に一週間という制限があり、その期間を過ぎると自動的に締め切られて回答ができなくなってしまうからです。故に、知恵袋で私に多数の回答リクエストが寄せられた場合、Twitterやブログでの質問・意見への回答は後回しにさせていただくこととなります。どうかご了承ください。逆に言えば、どうしても一週間以内の迅速な回答を求めたい場合は要請のツールとして知恵袋をご利用ください。可能な限り早くお答えします。

○当ブログについて
 前述しました通り、当ブログの趣旨は作品に関する私の研究・考察を順次掲載して皆様と共有することにあります。しかし現段階では、当ブログを運営する上での最優先事項は、現在までに「質問箱」に寄せられた全ての質問に対し回答を提示することです。通常の研究・考察記事の掲載は私個人の興味の延長としてある取るに足りないものですが、質問箱の質問に対する回答は、私と異なる視点を持ったトーマスファンの作品研究にヒントを提供するという名誉ある役割を果たすべきものですので。したがって、今後とも質問箱への質問は勿論大歓迎です。しかしながら、質問が増えればその分だけ通常の研究・考察記事の執筆・掲載は後回しになります。これについてはTwitterや知恵袋で質問・意見を頂いた場合についても同様です。この点について何卒ご理解を頂きたく思います。勿論、質問箱への質問に限らず研究・考察記事についても「○○について考察してほしい」と意見を頂ければ善処致します。
 なお、質問箱への回答を終えた後の当ブログにおける記事掲載予定につきましては、現段階で以下のようなものを予定しております(記載順は必ずしも執筆の優先順位を表すものではありません)。
テレビシリーズ第19シーズンについての感想・考察
長編『トーマスのはじめて物語』に関する考察
劇場版『探せ!! 謎の海賊船と失われた宝物』に関する考察
邦版公開未定の長編『The Great Race』に関する考察(早くとも日本公開開始後に掲載)
キャラクターのモデルとなった車両の製造年・全長・重量・速度・牽引力といった各スペックの比較と考察(可能であれば『The Great Race』日本公開と同時期に掲載)
シリーズ中における各キャラクターの性格描写とその変遷について
シリーズ中における各鉄道車両の運用とその変遷について
作品に登場する人名・車名の由来・豆知識など紹介
ソドー島の地名の由来に関する考察(『The Island of Sodor: Its People, History and Railways』等の必要文献を入手するまでは掲載困難か)
世界史と照らし合わせた上でのソドー島史解説(同上)
トーマスシリーズの世界観に基づくオリジナル二次創作ないし1.5次創作の短期連載
 無論、私の気紛れにより予定が変更となる可能性は大いに考えられますし、そうならなかったとしても上記のような事情がありますから、全ての記事を予定通り執筆・掲載するまでにどれほどの時間を要するかは私にも見当が付きません。ですが、どうか温かい目で見守っていただければと思います。
 このような次第ですが、どうぞ今後ともKonkon Railwayをよろしくお願い致します。

○追伸
「個人的・私的なことを極力書かない」と述べたばかりではありますが、閲覧者の皆様に対し私個人の考えをお伝えできるまたとない機会ですので、ネット上で活動中のトーマスファンの皆様、とりわけTwitterを活動の中心となさっている方々に向け、恐縮ですが一つ苦言を呈させていただきます。
 昨今に始まったことではないかも知れませんが、タイムラインなどを拝見していますと、作品(特に最新シリーズにおいて顕著です)を素直に評価せず欠点を槍玉に挙げて頭ごなしに批判するような方が以前よりも増えたという印象を受けます。些細な点まで作品の粗探しをしてその「粗」を非難することにより自らの視野や見識の広さを示すことが作品を批評することと同義だと考えているならば、それは大きな誤解です。明らかなCGミス等であればまだしも、制作側による何らかの重要な意図から生まれたかも知れない一点を「これは間違っている、これはあり得ない」という一言で切り捨てるのは愚かな行為ではないでしょうか。一般に欠点だと思われがちな事柄について、異なる視野に立って新しい解釈の可能性を追求してこそ、作品に対するあるべきファンの向き合い方と言えるのではないでしょうか。長い歴史の中で変革を余儀なくされてきたトーマスシリーズは、俗に言う「懐古厨」の多い作品です。ファンの形態が多様化するのは当然ですが、「過去のシリーズ」や「過去のシリーズに馴染みを持って育ってきた大人の自分」を基準にして現在の作品を評価しようとする方は、少なくとも現行のシリーズのファンと呼ばれるべきではないでしょう。
 以上、未熟者の身で出過ぎたことを申し上げました。お目汚しをお許しください。繰り返しになりますが、今後とも当ブログをどうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Konkon

どうも管理人です。
きかんしゃトーマスが好きなだけの一般人。よろしくお願いします。